スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

第138回 幻の カラスミ




カラスミと言えば ボラの卵と相場が決まっているようです


イタリアではマグロも使われているようですが 食べたことはありません


日本の国内にも ホントに隠れた逸品があるものですね


秋田県の男鹿半島に これは! これは! こだわりのカラスミがありました




原魚を聞いてビックリ


天然の ミズダコ
真鯛
シイラ


を使ったカラスミです


製法が こだわってます






塩漬けするときに 白神こだま酵母とフルーツもろみを加えているんです


白神こだま酵母は 白神山地のブナ林で発見された酵母菌だそうです


フルーツもろみは パイナップルとリンゴだそうです


それぞれ 味付けと 熟成 触感の保持のために


また魚の生臭さを消すために容れてあります


少々の醤油も加えてあります


そのあとじっくり天日干しと乾燥を繰り返し


じっくり水分をとばして仕上げるんだそうです


味付けと生臭さを消すために 醤油が入っていますので


見た目が 黒ずんでいますが 味やに風味には問題ありません





じっくり味わってみました


食感はまろやかで 塩加減が薄めて じっくりと味の深みが伝わってきます


ドーンという主張がすくないので 大人の味わいといったところかな!


「 幻のカラスミ 」 発見!!!!


ZEN爺さんお勧めの逸品です


まだ市場には出回っておりませんので 入手困難ですよ・・・・


幻のからすみの購入はこちらから!
http://item.rakuten.co.jp/zen-food/karasumi-001/









 

スポンサーサイト

コメント