スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

第135回 軽井沢にて その1




毎日猛暑が続いてます・・・・

今回は 魚を忘れて 涼しい話で一服しましょう



分不相応ながら 毎年 家族旅行で軽井沢に行ってます

今年は 孫たちのスケジュールが合わなかったので

奥方とふたりだけの のんびり旅行と相成りました

例年は 孫たちの遊び処と

ショッピングが中心の家族旅行が多かったので

今回は 軽井沢の新たなパワースポットを訪ねてみました



しなの鉄道に乗って 島崎藤村ゆかりの地 小諸へ・・・

ローカル線の のんびり各駅停車の旅

窓越しに広がる雨上がりの山野の風景は しっとりと心にしみる・・・

雨に洗われた木々の葉っぱが 鮮やかに緑色に光り

木々の間には 赤松の幹が赤く鮮やかに浮かび上がる

広く広がる田んぼには 幼い稲穂の絨毯が敷き詰められている

山並に覆いかぶさる灰色の雲が墨絵の世界を作り出す・・・

ワンマン列車は 乗る人も少なく 人声も聞こえない

ただひたすら まど越しの景色を眺め尽くす



古城の天守閣から 眼下に広がる千曲川を見渡す

何か どこかで眺めた景色と見間違ごうばかりだ

青葉城から見渡す あの広瀬川の眺めが眼に浮かぶ


島崎藤村の 「椰子の実」・・・・・・

土井晩翠の 「荒城の月」・・・・・・


二人の詩人の詩が 頭の隅から湧き出てきた

〜〜 名も知らぬ 遠き島より流れくる 椰子の実一つ 〜〜

故郷を思う郷愁の詩

〜〜 春高楼の花の宴 巡る杯 影さして 千代の松枝 分け出し 〜〜

昔日を思う憐憫の詩


詩の世界で 何か心が繋がってくるのだろうか

自らも ひと時の安らぎに心が洗われてくる

幸せな とても幸せな この時がうれしい・・・・・・





 

スポンサーサイト

コメント