スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

第126回 北上銀河ロード?! −最終章 夢のECOタウン−

もしかしたら、これまで、被災地の方々の心境を逆なでするような事を

長々と書き綴ってしまったかもしれませんが、まとめとして、被災地の

皆さんの居住地をどうすればいいのか、という大きな課題について 

触れさせてください。



よく言われておりますように、一般論としては 高台に居住地区を造成

するのが正しいと思います。

ただし、その街づくりがどんなコンセプトなのか?

夢のある街づくりなのか?インフラは整備されるのか?・・・

その青写真がしっかりしているのであれば、是非とも高台に移転してほしい!!!



都会のサラリーマンの場合、通勤に平均して1時間以上はかかっています。

いわゆる、職住分離が当たり前になっています。

今回の被災地の方々は、大半、車通勤されていると思われます。

通勤時間はせいぜい、30分くらいで、職と住が接近しているようです。

今回の復興に当たっては、”職住分離”を念頭において頂いては如何でしょうか?!



そして、港には、漁業施設・加工場・油層所・製氷所・・・ を限定して再整備する。

居住地は、住居だけの地域として1箇所1万人くらいの規模でいい。

居住地と働く場所は、軽便鉄道かモノレールで繋ぎましょう。

電気は、働く施設では従来の動力電源を使用する。

居住地の電源は、東北電力に頼らず、

自然エネルギー設備を保有・利用して、電力を確保する。

居住地には、公共設備・学校・病院・地元の市場・商店街・・・を完備し

自宅の庭は菜園とする。

−−−自給自足! 地産地消!−−−を旨とスル

こんな夢みたいなことが実現できたらいいなあ〜〜〜



もちろん、実現のためには、大変な障害・難問があることは、充分承知の上で

敢えて提案させていただきました。



1日も早く復興されることを心から祈念して、

−−−北上銀河ロード−−−を締めくくりたいと思います。

スポンサーサイト

コメント