スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

第125回 北上銀河ロード?! −ITとインターネットの技術を活用しよう−

東北人気質といえば?

口数が少なく、純朴で、頑張りやというのが代表的な表現かもしれません。

「 沈黙は金なり 」 「 男は黙って我慢だ 」

「 ぺらぺら喋るやつは信用するな 」 

時代とともに、気質も変わってきてはいるものの、本性は変わっていないような気がします。

私が触れ合ってきた、相馬・仙台・三陸の出身の人たちの心根は、

東北人気質を持っているような気がします。

(私の奥さんをはじめ、身の回りにたくさんの東北人がいるので身贔屓してるかも…)



今回の被災後の、復旧活動をしている姿を拝見していても、

黙々とひたむきに頑張っている(やっぱり、東北人だなあ…とつくづく感心しています。)

でも! でも! 敢えて提案したいんです。



今こそ、未来のために、世界に向けて発信して欲しい!!!

< 自分たちの持っているものを 自分たちの街を 自分たちの心を >



被災地の復興活動の中には、ものすごく大きな情報があります。

あの地域の中には、まだまだイッパイ資産があるじゃないですか。

働く人たちの勤勉さと、きめ細かい人間力も地域の宝物なんですよ。

農業 畜産 漁業 林業 どの一次産業をとっても、昔ながらの伝統技術が

眠っているじゃないですか。みんな素晴らしい資産でしょ!

観光資源だってイッパイあるでしょう!

この際、いろんな情報を集めてみましょうよ。

ありますよ !!!!

 湯治場になってる温泉 短角牛 定置網漁 フカヒレの加工技術

    県花の桐の花 タバコの畑 岩手富士 住田町の湧水

      志津川のイカ漁 仙台平野の涌谷城 石巻のマグロ 金華山

        金華サバ 日本酒( 浦霞 酔仙 一の蔵 南部美人 … )

           松川浦の白浜 原釜の加工屋さん 丸森城

                     ・

                     ・

                     ・

そんな素晴らしい資産を情報化して、蓄積すればいい。 

今の時代、若い人の力を借りれば、「IT」化は簡単ですよ。

先ずは、相馬 石巻 気仙沼 宮古・・・と地域別情報基地を作って、

情報の一元化をしましょう(データベース化)。

これからの時代 地域医療や 地域福祉を実現するためには、

地域単位の情報化は、必然性があるんですよ。

これは被災地だけじゃなくて、グローバルな問題ですから…



この情報基地化の構築は、すなわち世界への情報発信なんですよ。

今のインターネットの技術の進化と普及範囲を考えると、

日本に居ながらにして世界に情報発信ができちゃいますよ。

いろんな産業への展開が見えてきますよね!?



ここにこそ、若い力が必要なんですね!雇用の創出ができます!

わざわざ汚れた都会に行かなくても、美しい自然の中で、

勉強ができて、仕事ができる・・・。素晴らしい未来社会です。



然しながら、 

どんな素晴らしい計画を立て、復興に努力しても、

避けて通れない高いハードルがあります。ーー放射能汚染情報ーー

このハードルを越えるためにも、自らの情報発信が大事なんだと思います。

国からの行政からの情報発信には曖昧さが隠されていて、

消費者たち末端までは真実は伝わってこないじゃないですか!!!

いつまで待っていても、駄目だと思います。

自分たちで、発言しましょう。

 

   「 自分たちの土地は安全なんです 」

   「 自分たちの作った物は美味しいいんです 」

   「 自分たちの作った物は安全なんです 」

   「 自分たちの街は美しいんです 」

             ・

             ・

             ・

   「 放射性物質はこのように検査しました! 」

と、ドンドン繰り返し 繰り返し発信すればいい!!!!

インターネットを活用して、世界に発信する・・・



< 今こそ、今だから、復興特区だから出来るんじゃないでしょうか >



次回は、ECOタウンのお話です・・・

スポンサーサイト

コメント